読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やわらか図書館学

主に大学図書館のデザイン・広報に関するブログです。

レファレンスで「サンタはいるの?」って聞かれたら

雑記 本の紹介

 

f:id:Katharine_15:20091215215331j:plain

 

もしもレファレンスで小さいお客さんに「サンタクロースって本当にいるの?」って聞かれたら、どう答えるのがいいんでしょうか。

サンタクロースに関係する文献をいろいろ探して提示するんでしょうか、それとも、まずは質問者の意図を明確にするために、こちらからもう少し突っ込んだ質問をするんでしょうか。「あなたが知りたいのは、あなたにプレゼントをくれるサンタクロース?それとも由来となった教父聖ニコラオス?」

けっこう困ってしまいそうです。

 

レファレンスとは少し違いますが、あるアメリカの新聞に8歳の女の子から下記のような質問がよせられたことがあります。1897年、今から100年以上も前のお話です。

 

編集者さま: 私は8歳です。 私の何人かの友だちはサンタクロースはいないと言います。 パパは「サン新聞が言うことならそのとおりだ」と言います。 どうか私に本当のことを教えてください; サンタクロースはいるのでしょうか?
ヴァージニア・オハンロン  115 西95番街

 

とても有名な話なので、ご存知の方も多いかもしれませんが、この質問に対して新聞の編集者さんは、とても素敵な心温まる回答をしました。英語の原文がこちら。 

日本語訳も青空文庫で公開されています。

"Yes, VIRGINIA, there is a Santa Claus."っていう言い切りがかっこいいですね。こういう回答ができる大人になりたいです。

ということで、レファレンスでこういう個人的な回答をしたら怒られてしまうのかもしれませんが、このお話は日本語の絵本にもなっているようですし、こういう絵本を紹介するというのはいいかもしれませんね。

あんまりレファレンス関係なくてただこの話がしたかっただけじゃんという感じですが、今日はクリスマスイブだからしょうがないですね。

みなさまどうぞよいクリスマスを!

参考

 

サンタクロースっているんでしょうか?

サンタクロースっているんでしょうか?