読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やわらか図書館学

主に大学図書館のデザイン・広報に関するブログです。

企画展示「GWに読みたい本」を妄想

企画

世間はゴールデンウィーク真っ盛り。
とはいえ、明日(ていうか今日)自分は仕事なわけですが、仕事でもないのに、もし「GWに読みたい本」という企画展示をするとしたら、どんな本を選ぶか妄想。どんな本を選ぶかということと、例として一冊ずつあげてみます。


・レジャーを楽しみたい人に向けた本

関東サイクリングロードマップ

関東サイクリングロードマップ


・イエナカを楽しみたい人に向けた本

創作かんづめ料理―かんづめ・缶詰・カンヅメ

創作かんづめ料理―かんづめ・缶詰・カンヅメ


・新しいことを始めたい人に向けた本

5分で落語のよみきかせ

5分で落語のよみきかせ


・五月病の人に向けた本

やる気のスイッチ! (Sanctuary books)

やる気のスイッチ! (Sanctuary books)


・長い本に挑戦したい人に向けた本

失われた時を求めて〈1 第1篇〉スワン家のほうへ (ちくま文庫)

失われた時を求めて〈1 第1篇〉スワン家のほうへ (ちくま文庫)


・出会いの季節に出会えた人に向けた本

秘密の街デートマニュアル (1週間MOOK)

秘密の街デートマニュアル (1週間MOOK)


・別れの季節に別れた人に向けた本

大人の失恋反省会

大人の失恋反省会


・GWも勉強する奇特な人に向けた本

レポート・論文の書き方入門

レポート・論文の書き方入門


・読む暇がなかった人に向けた本

1Q84 BOOK 3

1Q84 BOOK 3


・そもそもゴールデンウィークとは…という本

「国民の祝日」の由来がわかる小事典 (PHP新書)

「国民の祝日」の由来がわかる小事典 (PHP新書)


・ダジャレ

ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー


各ジャンル10冊と考えて、30冊ぐらいでしょうか。「電子書籍の衝撃」の中にも、「コンテクスト(文脈)」のある選書って話がありましたが、実際、具体的に考えてみると難しいです。ただ、いろいろ本を探していて「あ、これ読んでみたいな〜」ていう本が結構あったので、そういう本をうまく準備できれば、きっと展示を見にきてくれた人も手にとってくれるんでしょうね。だいたい、こういった展示は今所蔵している本を集めて企画したりしますが、逆に展示をするために新しく本を購入するということもあっていいのかなと、これを書きながら思いました。