読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やわらか図書館学

主に大学図書館のデザイン・広報に関するブログです。

国文研の古典籍データで蝉丸の塗り絵を作りました

オープンアクセス 素材

 

f:id:Katharine_15:20161114005643p:plain

 

国文学研究資料館がCC BY-SAで公開している日本古典籍データセットを利用して、蝉丸の塗り絵を作ってみました。

f:id:Katharine_15:20161114011112p:plain

この記事内の画像は全て『日本古典籍データセット』(国文研蔵)でCC BY-SAで公開されているデータを改変して作成したものであり、同ライセンスを継承します。(提供:人文学オープンデータ共同利用センター)

蝉丸の塗り絵

f:id:Katharine_15:20161114005707p:plain

実際に塗ってみた画像

色鉛筆で塗ってみました。 

f:id:Katharine_15:20161114005731p:plain

せっかくデジタルなので、実家にある百人一首の読み札と同じ色でも塗ってみました。

f:id:Katharine_15:20161114005744p:plain

作っている時に考えたことなど

  • 図書館総合展のフォーラムでこちらのデータセットの紹介があり、自分も何かおもしろい使い方できないかなぁと覗いたところ、蝉丸をみつけたので塗り絵を作ってみようと思いました。
  • 塗り絵化は、フリーのお絵描きソフト「FireAlpaca」で線画抽出した後、微調整しました。
  • 塗り絵を作ろうと思った時は気づきませんでしたが、よくよく考えると2月の"Color Our Collections Week"と自分の中で繋がっているなぁと。
  • この蝉丸のポージング、めっちゃかっこいいですね。

ありがとうございました。

参考

この記事と関係があるエントリー

yawatosho.hateblo.jp

yawatosho.hateblo.jp