やわらか図書館学

主に大学図書館のデザイン・広報に関するブログです。

雑記

ライトニングトークを聞いてライトニングメモをする(二日目分)

前回に引き続き、Code4Lib Japanのライトニングトークをアーカイブで拝見して、思ったことのメモ書きです。 初日分はこちら。 yawatosho.hateblo.jp 途中、音声が聞き取りづらい場面もあったのですが、途中からは綺麗になってとても聴きやすかったです。運営…

ライトニングトークを聞いてライトニングメモをする(初日分)

先週末はCode4Lib JAPANが開催されていました。関係者のみなさま、ありがとうございました。 私もいくつかのプログラムをYouTubeで見ていたのですが、プログラム表をみてみたところ、タイミング的に見れなかったなかにも、面白そうなプログラムがたくさんあ…

最近気になったニュース

最近、印象に残った大学図書館業界のニュースについてのメモです。何か気になることがあっても、気になったことすら忘れてしまうので。 北大:研究支援ページのリニューアル 話を聞いた時から「すごーい」と思ってましたが、今日、改めてサイトをみてみたと…

NYPL感想

全体を通して「(主に知識を得ることで)より"よく"生きることを願う(あるいは、より"よい"社会を目指す)人たちと、それを全力でサポートする人たち」の話だな、と強く感じました。多様性、デジタルデバイド、就労支援とかも含めて。そう願う人たちがいる…

ブログを続けるコツ

ブログを初めてから10年目に入ったので、そろっとこういうことを書いても怒られないかなと思い、たまにふと考えるブログを続けるコツについて、文章にしてみようと思いました。 と言っても、一般的なコツというよりかは、あくまで自分の場合、なので普遍性は…

NYPL公開記念イベントの感想

current.ndl.go.jp こちらのイベントを観覧させていただきました。たくさんの刺激を受け取り、頭が整理できていないのですが、数日たつと忘れてしまいそうなので、思ったことなど、鉄が熱いうちにメモしておこうと思います。多分また明日には考えが変わって…

公共図書館で初めてレファレンスを頼んでみた話

先日、子供たちと地元の公共図書館に行った際のお話です。 子供のために借りる本を選んでいた際、下の子がちょうどトイレトレーニングにやや難航していたということもあり、トイレに関するお話の本を借りてみようと思いつきました。"物語"がどんな言葉よりも…

九大図書館の閉館イベントに思うこと

九州大学さんの箱崎キャンパスの中央図書館が、キャンパス移転に伴い、今月末を持って閉館するそうです。自分も一度だけお邪魔させていただいたことがあります。 閉館に向けていろいろとイベントも行われているようで、その様子が公式Instagramのアカウント…

感想が TL流れて もったいない

今日で第19回図書館総合展が終了し、多くの人がTwitterやFacebookなどで感想を書かれています。 ものすごくしっかりした感想を連ツイされている方も多く、拝読してとても勉強になるなぁと思うのと同時に、そうした感想がタイムライン上で流れていってしまう…

#図書館総合展 の思い出 2017

ささくれ(id:kitone)さんにお茶していただいたのが一番の思い出でした、マル。 と、全然総合展の思い出じゃないのですが、総合展が人との出会いの場だとすると、これも立派な総合展の思い出なのかもしれません。 というわけでまだ総合展期間真っ盛りな訳で…

ブログの名刺(ショップカード)を作ってみました

前々から作りたいと思っていたブログの名刺、というかショップカードのようなものを、図書館総合展を機に作ってみました。 自分的にも割と印象深い作業になったので、あとで見返せるように記録を残して置こうと思います。 経緯と覚え書きのメモ 数年前から作…

#図書館総合展 で気になるフォーラムなど

来月は図書館総合展がありますので、自分が気になっているフォーラムなどをまとめてみようと思います。 折良くこのブログのキャラクターっぽいものをお絵描きしていたので、せっかくなので、その子に一言しゃべらせる趣向でご紹介してみようと思います。 キ…

RDMトレーニングツールの感想

コイキングを育てるのにも飽きはじめてきた仕事帰りの電車の中、研究データ管理(Research Data Management)トレーニングツールを読みました。 スクリプトを中心にざっと目を通して30〜40分でした。 これまでにも何回かフォーラム等でお話を伺ったことはあ…

戸袋と専門用語の勘違いについて

あるところに、電車の「戸袋」を、ドアが閉まるところに付いているゴムの部分のことだと勘違いしている子供がいました。 その子は「戸袋に注意!」という注意書きを見て「確かにドアに挟まれたら痛いものなぁ」と得心し、ドアが閉まる時にはよくよく注意する…

「やわらか図書館学」は7才になりました。

今日でこのブログを始めて丸7年が経ちました。7年前…若い。 書きたいことを気のおもむくままに書いていたらいつのまにか7年たってましたと、うそぶくつもりはなく、実際には、特に研究や課外活動などもしてない自分が仕事を離れて図書館と関われる場はこのブ…

2017年のステ振りとUX

あけましておめでとうございます。年男・年女の皆様はおめでとうございます。今年もよろしくお願いします。紅白は欅坂46の「サイレントマジョリティー」がかっこよかったです。 www.youtube.com 今年はいろいろと節目な気がしますし、めずらしくやりたいこと…

映画「ルドルフとイッパイアッテナ」の感想

楽しみにしていた映画「ルドルフとイッパイアッテナ」をようやく観ることができ、期待以上にいい映画だったので、感想などまとめたいと思います。 有名なお話なのでネタバレも何もないかと思いますが、多少、映画の内容についても触れているので、お話をよく…

書誌構造をゲームのタイトルで例えてみると

前々から「VOL積み」とか「親子書誌」とかを、ゲームのタイトルに例えてみたらわかりやすいんでないかなぁと思っていたのですが、そうこうしているうちに「VOL積み」とかも無くなってしまいそうなので、勢いで説明の図を作ってみました。 責任表示や媒体な…

プロゲーマーの本は大学図書館にどのくらい所蔵されているのか

私、趣味で格闘ゲームをたしなんでいるのですが、その格闘ゲームを仕事にしている「プロゲーマー」たちの著書が、どのくらい大学図書館に所蔵されているのか(そもそも所蔵されているのか)、ふと気になったので、調べてみました。 プロゲーマーの本?? 一…

ジョブズの伝記で印象に一番残ったこと

みなさんこんにちは。最近、漫画『スティーブズ』*1にはまった影響で、ジョブズに関する本をいろいろ読んでいる"にわか"ジョブズおたくのやわとしょです。 ジョブズに関する本は、ビジネス本からプレゼン本、なんなら英語学習本まで、巷にあふれていますが…

学芸大"note cafe"に行ってきました

ちょっと前になりますが、近くに行く用事があったので、前々から気になっていた東京学芸大学の図書館に併設されたカフェ"note cafe"に行ってみました。 店内の写真を勝手にあげたらまずいかなぁと思いますので外観だけになりますが、何枚か写真も撮ってみま…

El Capitanのライブ変換が新感覚で楽しい

Macの新しいOS、El Capitanの日本語入力には「ライブ変換」という機能が備わっています。 このライブ変換、日本語を入力する際、スペースで変換を行わなくても、入力と同時並行で勝手に変換をしていってくれるという機能なのですが、それだけ聞くと、多分み…

ゲーメストが国会図書館で意外と欠号が多いなぁと思ったら

ゲーメストという雑誌があります。(ありました。) 1987-1999年に発行されていた、アーケードゲーム(ゲームセンターのゲーム)の攻略記事などを取り扱っていた雑誌で、自分も大好きでした。 そんなゲーメストを、ふと国会図書館の蔵書検索、NDL-OPACで検索…

「台湾にみる次世代型図書館」を"見て"の小並感

youtu.be 先日の図書館総合展で、個人的にお仕事関係なく見に行きたかったフォーラムが、大変ありがたいことに動画公開されていましたので、拝見させていただきました。 このフォーラムが気になっていた理由 自分は大学図書館の人間なので公共図書館は門外漢…

テンションをあげるためにCode4Lib Japan Conf.にいってみました

タイトルに Code4Lib Japanと入っていますが、カンファレンスの中身についてはほとんど触れておらず、ほぼ自分のナラティブセラピーです。すみません。 カンファレンスの内容については、下記のように、素晴らしくまとめてくださっている方たちがいらっしゃ…

学生さん向けのユニークなSNSのガイドライン

趣味、エゴサーチ。 といっても、自分の名前をググるわけでなく、自分の働く大学名+図書館で、リアルタイム検索するエゴサーチ。 そんなエゴサーチをしていると、学生さんからのありがたく貴重なご意見があがっているわけですが、ついでに他のtweetを見てみ…

夏の文庫フェアの小冊子が好き

本屋さんに置いてある夏の文庫フェアの小冊子が好きです。 ナツイチ。とかのあれです。 さっき、今年の分を本屋さんでもらってきました。なぜか新潮社さんのは見当たらなかったので、角川文庫と集英社文庫。 子供の頃から大好きで、夏休み中、暇なときに眺め…

アメリカの大学図書館で行われているストレスケア

そろそろ試験シーズンですね。 欧米の大学は2、3ヶ月前が試験シーズン(finalsというらしいです)だったようですが、その頃、海外の大学図書館のFacebookを見ていて驚いたのが、試験期の学生さんへのストレスケアのサービスがすごいということ。 主にアメ…

ラーコモラボ通信さんに寄稿させていただきました

本日発行されましたので、既にご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが、今月号の「ラーコモラボ通信」さんに「やわらか図書館学」として寄稿させていただきました。 「やわらか図書館学」の紹介やデザインについてのことなど書かせていただいてます。…

図書館との出会い・おぼえていますか

おぼえていますか、あなたと図書館が出会った時を。(マクロス) 自分の図書館との出会いは、忘れもしない幼稚園のときです。 母に連れられて図書館に入ると、自分の背よりも高い本棚に、あふれんばかりの本、本、本の洪水、そのあまりの本の量に圧倒される…